• リカルライター紹介

荒川 英二

Profile

1954年生まれ。大阪・北新地のバーUK・オーナーバーテンダー、バー・エッセイスト。新聞社在職中から全国のバーを巡りながら、2004年以来、バー文化について自身のブログで発信。クラシック・カクテルの研究もライフワークとしてきた。2014年 の定年退職と同時に、長年の夢であった自らのバーをオープン。切り絵作家の故・成田一徹氏没後に出版されたバー切り絵作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』では編者をつとめた。

記事数

13 記事

このライターの記事を見る

カクテル「マウント・フジ」の誕生背景と3つのレシピ+欧米レシピ?

「マウント・フジ」はもちろん日本を代表する名峰。海外でも知名度は抜群だ。そして、その名も「マウント・フジ」という国内ではそこそこ有名なカク...

タイタニックで飲まれていたカクテルって何?

「タイタニック号」と言えば、1912年(明治45年)4月15日、処女航海でニューヨークへ向かう途中、北大西洋上で氷山と衝突して沈没...

カクテル・ヒストリア第11回『バンブーは「日本生まれじゃなかった」のか?』

「バンブー」は、「ドライ・シェリー、ドライ・ベルモット、オレンジ・ビターズ」でつくるカクテルで、現代のバーでもよく注文されている。 ...

カクテル・ヒストリア第10回『アドニスはどんなシェリーを愛したのか?』

アドニス(Adonis)とは、ギリシャ神話に登場する、美と愛の女神「アプロディーテ」に愛された美少年。カクテルの世界では、シェリーを使った...

カクテル・ヒストリア第8回『ヘミングウェイが愛した特製ダイキリ』

文豪アーネスト・ヘミングウェイ(1899~1961)は、カクテルの歴史にその名を残す著名人の一人である。カクテルブックがダイキリや...