• コラム
  • リカルライター紹介
コラム その他コラム スロバキアBar Show...

スロバキアBar Showとスロバキアのバーテンダー

サボイホテルのヘッドバーテンダー エリック・ロレンツ氏と!

今年で第二回となるスロバキアBar showにメンターとしてセミナーをしてきた。スロバキアと聞いて、世代にもよるがチェコスロバキアを思い浮かべる人も多いだろう。チェコスロバキアはビロード革命の民主化の波に押され、1993年に国が分離。チェコとスロバキアは別々の国になった。

農業地域であったスロバキアは、僅か500万人の小さな国。しかし、世界中の有名バーテンダーが小さな国であるスロバキアBar Showにメンターとして呼ばれ集った。その世界で名が知れた有名バーテンダーの多くは、外国で働くスロバキア人バーテンダー。

世界中に散らばった彼らの結束力は強い。

そして自国のBar文化を盛り上げたい。

それがスロバキアBar showが始まった経緯だ。

2017年度においてWorld Best Bar 50の世界一位に選出されたロンドンのサボイホテルのヘッドバーテンダーや、世界的コンペティションで優勝しているバーテンダーもスロバキア人。

スロバキアBar show セミナー会場

最近耳にするジャパニーズバーテンディングという造語も、実はスロバキア人が作った言葉。今から10年以上前に来日したスロバキア人のバーテンダーが銀座のBar文化に感銘を受け、西欧諸国でその体験を講演した。それをルーツに銀座の某Barにて研修を受けるスロバキア人のバーテンダーもいた。スロバキアでゲストバーテンダーをさせて頂いたBarでは日本の包丁もあり、氷も包丁で丁寧に削られている。

日本人からしたら馴染みのない国でも、私達が知らないところで私達の国に敬意を持って、それを自国の文化に取り入れてもらっている。 私達はもっとスロバキアを知るべきだろう。

この記事を書いた人

鹿山 博康
鹿山 博康https://ameblo.jp/kayama0927/
1983年生まれ。20歳の時にバーテンダーを志す。2013年7月独立し、アブサン・ジン など薬草酒を中心としたバー、Bar BenFiddichを開業する。自身の畑を外秩父の麓・ときがわ町に所有し、そこで採取したボタニカルをカクテルに使う。2015年ボタニスト・ジン・フォリッジ・カクテルコンペティション 優勝。2016年『drink nternational』より、「AsiaBest Bar 50」にて21位に選出される。
鹿山 博康
鹿山 博康https://ameblo.jp/kayama0927/
1983年生まれ。20歳の時にバーテンダーを志す。2013年7月独立し、アブサン・ジン など薬草酒を中心としたバー、Bar BenFiddichを開業する。自身の畑を外秩父の麓・ときがわ町に所有し、そこで採取したボタニカルをカクテルに使う。2015年ボタニスト・ジン・フォリッジ・カクテルコンペティション 優勝。2016年『drink nternational』より、「AsiaBest Bar 50」にて21位に選出される。