運営:酒育の会

LIQULはより良いお酒ライフをサポートする団体「酒育の会」のWEBメディアです

  • コラム
  • リカルライター紹介
コラム ウイスキーコラム スタイリッシュ・ハイボール...

スタイリッシュ・ハイボールを楽しもう!デュワーズ12年

デュワーズは1846年にスコットランド・ハイランドで誕生したスコッチウイスキーです。その華やかな果実のアロマや滑らかで心地よい蜂蜜様のフレーバーによって、日本のバーでも古くから愛飲されているブランドです。

現在アメリカでもっとも飲まれているスタンダード・スコッチのブランドとしても知られていますが、そのきっかけはスコットランド生まれの鉄鋼王アンドリュー・カーネギーからの手紙でした。当時のアメリカ大統領であったベンジャミン・ハリソン宛にデュワーズの樽を送ってくれとの内容で、それが話題となり、大統領の愛飲するスコッチとして全米に認知されたのでした。

デュワーズの製法の特徴に「ダブルエイジングプロセス」があります。これは樽熟成させたモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドした後、さらに約半年ほど樽にて追熟成を行うことです。これによって原酒同士がより馴染み、香味にまとまりが出て、よりスムースでまろやかなウイスキーに仕上げることができます。

デュワーズとハイボールを語る上で欠かせないのは、1902年にイギリスでハイボールHIGH BALLの商標を取得したこと、1905年にニューヨークの新聞で「ハイボールの起源」と紹介されたことです。ハイボールの始まりについては様々な説がありますが、創業者の息子であるトミー・デュワーがニューヨークのサロンでスコッチ・ハイボールのスタイルを提案したと記事は伝えています。

デュワーズ12年のハイボールは、「ダブルエイジングプロセス」の効果により香味に一体感があり、またメインモルトであるアバフェルディの風味も心地よく広がってきます。

まろやかで大変バランスのよい大人のハイボールとして楽しむことができます。

落ち着いたバー・カウンターでスタイリッシュに……トミーがニューヨークで味わったように……。

この記事を書いた人

谷嶋 元宏
谷嶋 元宏https://shuiku.jp/
1966年京都府生まれ。早稲田大学理工学部在学中よりカクテルや日本酒、モルトウイスキーに興味を持ち、バーや酒屋、蒸留所などを巡る。化粧品メーカー研究員、高校教員を経て、東京・神楽坂にバー「Fingal」を開店。2016年、日本の洋酒文化・バーライフの普及・啓蒙を推進する「酒育の会」を設立、現在に至る。JSA日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
谷嶋 元宏
谷嶋 元宏https://shuiku.jp/
1966年京都府生まれ。早稲田大学理工学部在学中よりカクテルや日本酒、モルトウイスキーに興味を持ち、バーや酒屋、蒸留所などを巡る。化粧品メーカー研究員、高校教員を経て、東京・神楽坂にバー「Fingal」を開店。2016年、日本の洋酒文化・バーライフの普及・啓蒙を推進する「酒育の会」を設立、現在に至る。JSA日本ソムリエ協会認定ソムリエ。