運営:酒育の会

LIQULはより良いお酒ライフをサポートする団体「酒育の会」のWEBメディアです

  • コラム
  • リカルライター紹介
コラム ビールコラム 新世界最初の醸造所

新世界最初の醸造所

北米大陸で最初のヨーロッパ風商業醸造所はどこでしょう。意外にも、アメリカではなく、現在のメキシコ・当時のニュースペインです。1541年8月24日、ドン・アロンソ・ド・エレーラはニュースペインでの商業醸造の申請をしました。翌1542年6月6日、カール5世(神聖ローマ帝国皇帝およびスペイン国王)はニュースペインで独占的にビールを作るライセンスを与えます。 さらに翌1543年12月12日、現地ニュースペインの総督ドン・アントニオ・ド・メンドーサが醸造所建設の許可証を発行します。

こうして、新世界初のブルワリーがスタートしました。スタートはしたものの、いろいろな障害に直面します。もともと地元にあった、テスグイノ、プルケ、テパチェといった醸造酒との競合や、材料不足による価格の高騰などです。さらに、植民地でのビールやワインといったヨーロッパ風飲み物は規制が厳しかったり、重税がかけられたりしていました。それは、本国スペインから植民地への輸出保護のためでした。 ドン・アロンソはカール5世に贈り物をしたり、総督ドン・アントニオに飲めるだけタダで飲ませていたにも関わらず、1552年の記録を最後にブルワリーは閉鎖されてしまいます。

それから、460年以上たった今、メキシコは世界最大のビール輸出国です。アメリカで最も輸入されているビール「コロナ」の生産拠点のひとつ、サカテカス工場は世界最大の生産量を誇り、24時間で2,000万本のコロナが出荷されています。アメリカのクラフトビール界においては、メキシカンスタイルラガーが人気です。また、昔ながらのメキシカンスタイル(ヨーロッパのヴィエナスタイルの影響を受けたスタイル)も健在です

この記事を書いた人

藤浦 一理
藤浦 一理http://snarkliquidworks.com/
合同会社スナーク リキッドワークス代表。クラフトビール醸造所開設に向けて準備中。ビール関連の執筆やビールコンペティションの審査員を勤める。2004年、ビール飲み手の非営利全国団体「グッドビアクラブ」の会を発足。会長を約7年勤める。Watering Hole にて、ビールに関する講習会「Saturday Evening Beer Live」を開催中。ビールの専門分野はアメリカで、ビールを飲むだけが目的で行った州が38州+DCで39。
藤浦 一理
藤浦 一理http://snarkliquidworks.com/
合同会社スナーク リキッドワークス代表。クラフトビール醸造所開設に向けて準備中。ビール関連の執筆やビールコンペティションの審査員を勤める。2004年、ビール飲み手の非営利全国団体「グッドビアクラブ」の会を発足。会長を約7年勤める。Watering Hole にて、ビールに関する講習会「Saturday Evening Beer Live」を開催中。ビールの専門分野はアメリカで、ビールを飲むだけが目的で行った州が38州+DCで39。