• コラム
  • リカルライター紹介
コラム ビールコラム ビアグラスの大きさ

ビアグラスの大きさ

20世紀末、アメリカでクラフトビールが成長し始めた頃、パブでビールを飲むグラスと言えばパイントグラスそれも「コニカル」または「シェイカーパイント」と呼ばれる安くて丈夫なグラスでした。

これは元々ボストンシェイカーの下部分であり、レストランでは水やソーダやアイスティーなどがこのグラスで出されます。日本でもさほど高級ではないレストランで水を入れるグラスは安くて丈夫なグラスであり、つまり「シェイカーパイント」はそんなランクのグラスなのです。

左から、ヴァイツエングラス、ノニック、チューリップ、コニカル、ハーフパイント コニカル、以降3つゴブレット

英国のパブでもパイントグラスが一般的ですが、形が違います。ジョッキのように取っ手の付いた「ディンプル マグ」や、途中に膨らみのある「ノニック」が一般的です。どちらのパイントグラスも容量は1パイントですが、アメリカのパイントと英国のパインとは違う単位です。USパイントは16オンス=473.176ml。英国のパイントはインペリアルパイントと呼ばれ20インペリアルオンス=568.29ml。

アメリカの瓶や缶ビールは11から13オンスくらいの主流なので、16オンスのパイントグラスは泡とビール一本分が無理無く収まります。

英国では瓶も缶も大きめ、440ml、500mlというのが一般的なので、568.29mlに収まります。英国では業務用のグラスには役所により認定されたグラスを使用する事になっていて、認定マークがグラスについています。数字は認定した役所または認定メーカーを示しています。

21世紀になってクラフトビールビジネスが成熟してくると「シェイカーパイント」は好ましくないグラスとされるようになります。

代わりにもてはやされるようになったのが、ステムのあるゴブレットです。

この記事を書いた人

藤浦 一理
藤浦 一理http://snarkliquidworks.com/
合同会社スナーク リキッドワークス代表。クラフトビール醸造所開設に向けて準備中。ビール関連の執筆やビールコンペティションの審査員を勤める。2004年、ビール飲み手の非営利全国団体「グッドビアクラブ」の会を発足。会長を約7年勤める。Watering Hole にて、ビールに関する講習会「Saturday Evening Beer Live」を開催中。ビールの専門分野はアメリカで、ビールを飲むだけが目的で行った州が38州+DCで39。
藤浦 一理
藤浦 一理http://snarkliquidworks.com/
合同会社スナーク リキッドワークス代表。クラフトビール醸造所開設に向けて準備中。ビール関連の執筆やビールコンペティションの審査員を勤める。2004年、ビール飲み手の非営利全国団体「グッドビアクラブ」の会を発足。会長を約7年勤める。Watering Hole にて、ビールに関する講習会「Saturday Evening Beer Live」を開催中。ビールの専門分野はアメリカで、ビールを飲むだけが目的で行った州が38州+DCで39。