運営:酒育の会

LIQULはより良いお酒ライフをサポートする団体「酒育の会」のWEBメディアです

  • コラム
  • リカルライター紹介
コラム カクテルコラム カクテル・ ヒストリア 第...

カクテル・ ヒストリア 第4回『信じる「逸話」は真実か』

Plymouth Gin & Rose’s Lime Juice Cordial
How To Mix Drinks(Jerry Thomas著、1862)

有名なクラシック・カクテルにはそれぞれ、「誕生にまつわる逸話」が伝わっている。しかし残念ながら、後世の「作り話」がさも真実であるかのように一人歩きするケースも目立つ。

有名なところでは「マルガリータ」の逸話。「考案した米国のバーテンダーが、流れ弾で亡くなった恋人の名前を付けた」という話が今なお、各種の文献で定説のように取り上げられており、本当の話と信じてマルガリータを飲んでいる人も少なくない(欧米ではこの説はほとんど無視されているというのに…)。

カクテルの女王と言われる「マンハッタン」も、英国の元首相チャーチルの母で米国人のジェニー・ジェロームが結婚前、「(マンハッタンで開かれた)選挙運動中のパーティーのために考案した」と紹介されることが多いが、後年、チャーチル自身が反証を示しながらこの説を否定している。

「サイドカー」も「パリのハリーズ・バーのオーナー、ハリー・マッケルホーンが常連客のために考案した」との説明をしばしば見かける。ハリーズ・バーがサイドカーの普及に貢献したことに異論を挟む人はいないが、マッケルホーンが自身のカクテルブックで、「(友人でもある)パット・マクギャリーのレシピである」と紹介していることからも、マッケルホーン考案説は間違いであることは明らかだろう。

近年では、「スプモーニ」や「レッドアイ」という人気カクテルも実は、イタリアや米国ではなく、日本で誕生し国外へ伝わったことがほぼ確実になっている(この稿で紹介した5つのカクテルも含め、詳しくは、筆者のブログでの連載「改訂新版:カクテル――その誕生にまつわる逸話」をお読み頂ければ幸いである)。

参考:
改訂新版カクテル――その誕生にまつわる逸話
http://plaza.rakuten.co.jp/pianobarez/

この記事を書いた人

荒川 英二
荒川 英二https://plaza.rakuten.co.jp/pianobarez/
1954年生まれ。大阪・北新地のバーUK・オーナーバーテンダー、バー・エッセイスト。新聞社在職中から全国のバーを巡りながら、2004年以来、バー文化について自身のブログで発信。クラシック・カクテルの研究もライフワークとしてきた。2014年 の定年退職と同時に、長年の夢であった自らのバーをオープン。切り絵作家の故・成田一徹氏没後に出版されたバー切り絵作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』では編者をつとめた。
荒川 英二
荒川 英二https://plaza.rakuten.co.jp/pianobarez/
1954年生まれ。大阪・北新地のバーUK・オーナーバーテンダー、バー・エッセイスト。新聞社在職中から全国のバーを巡りながら、2004年以来、バー文化について自身のブログで発信。クラシック・カクテルの研究もライフワークとしてきた。2014年 の定年退職と同時に、長年の夢であった自らのバーをオープン。切り絵作家の故・成田一徹氏没後に出版されたバー切り絵作品集『NARITA ITTETSU to the BAR』では編者をつとめた。