• コラム
  • リカルライター紹介
コラム その他コラム お酒のある風景

お酒のある風景

春。カウンターで隣りあった中年男性2人がため息をついている。

「まいっちゃうよ」

「まったくだ」

「4月ってのに、オッサン2人でのんでるなんて」

「人事部から回ってきた『新入社員との酒食について』って通達、読んだかい。研修中の新入社員を連れ出していいのは2回だけ。しかも午後9時になったら解放しろと」

「俺たちが入社したころなんて、2週間酒びたりだったぞ」

「そうそう。夜中の2時3時まで先輩に連れ回される」

「あげくの果てに社員寮になだれこんで朝までどんちゃん騒ぎ。昼の研修なんて白河夜船でほとんど覚えていない」

「なにせ『働き方改革』『パワハラ防止』だからな」

「しかし酒をくみ交わして初めて吐ける本音ってもんがあるだろう」

「去年は先輩からの誘いが嫌で、研修所の非常口から逃げ出して警報が鳴る騒ぎも起きたらしいぞ」

「まったく、嫌われたもんだ」

「まったくだ」

若者の「酒離れ」が進む。新歓コンパで一気飲みを強いられた学生が亡くなる事故が続き、アルハラを嫌う風潮が酒離れに輪をかけた。

大人は、のめない若者に無理矢理飲ませようなどとは思っていない。食卓を共にして初めて分かる相手の素顔というものがあるのだ。つきあって嫌な思いをすることだってあるだろう。だが、世間はもっと、理不尽なことにあふれている。

いつの間にか、大人が子どもに遠慮する妙な社会になってしまった。大人から解放された新人たちは、いったいどんな研修期間を過ごすのだろう。定時に宿舎に帰り、スマホとにらめっこしながらコンビニ弁当でも食べるのか。

若者よ。大人と酒を飲むことは、いい大人になるための練習なのだよ。

この記事を書いた人

檀稚希(だん・わかき)
檀稚希(だん・わかき)
1966年福岡県生まれ。東京在住。ライター。趣味は読書、山歩き、温泉、居酒屋。独り呑 みは得意なほうで、自称「日本手酌連盟」会長。ありあわせの材料で何か作って家で飲む のも好き。
檀稚希(だん・わかき)
檀稚希(だん・わかき)
1966年福岡県生まれ。東京在住。ライター。趣味は読書、山歩き、温泉、居酒屋。独り呑 みは得意なほうで、自称「日本手酌連盟」会長。ありあわせの材料で何か作って家で飲む のも好き。