運営:酒育の会

LIQULはより良いお酒ライフをサポートする団体「酒育の会」のWEBメディアです

  • コラム
  • リカルライター紹介
コラム ブランデーコラム 魅惑のブランデー~妙なるブ...

魅惑のブランデー~妙なるブドウ~

フランスが世界に誇るコニャック、それは高貴な白ブドウから造られます。現在メインに使われているのはユニ・ブランUgni blancという品種です。

フランスのワインの原料になる白ブドウには、シャルドネやソーヴィニョン・ブランなど様々な品種があり、それぞれのワイン産地の土壌や気候に合ったものが使われています。ユニ・ブランをメインに使ったワインは、フランス南部ローヌ地方やプロヴァンス地方、イタリアではトレッビアーノの名前で全国的に生産されています。どれも比較的軽やかで飲みやすいワインというのが特徴で、それほど高級なワインを造る品種というわけではありません。コニャック地方でもブランデーのほかに白ワインも多く造られていますが、あまり日本には輸入されていません。

ワインとしてはそれほど高い評価を得ていないブドウ品種ですが、コニャックにおいては天候や土壌などとあいまって素晴らしい成果をもたらします。

通常のワイン用ブドウではアルコール度数12~14%になるまで糖度があがりますが、これは8%程度にしかなりません。通常コニャックではモロミを2回蒸留して70~72%程度の留液を得ますので、モロミのアルコール度数が低いということは香味成分かより濃縮されるということになります。

またこのブドウは完熟後も酸がしっかりと残っています。この熟していながら酸がしっかりと残っていることが、蒸留酒にとってはとても大事なポイントとなります。この酸によって、すっきりとした香り高い留液が得られるからです。 このテロワールから生まれるブドウがあるからこそ、コニャックは100年以上の熟成にも耐えられる蒸留酒の女王となりうるのです。

この記事を書いた人

谷嶋 元宏
谷嶋 元宏https://shuiku.jp/
1966年京都府生まれ。早稲田大学理工学部在学中よりカクテルや日本酒、モルトウイスキーに興味を持ち、バーや酒屋、蒸留所などを巡る。化粧品メーカー研究員、高校教員を経て、東京・神楽坂にバー「Fingal」を開店。2016年、日本の洋酒文化・バーライフの普及・啓蒙を推進する「酒育の会」を設立、現在に至る。JSA日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
谷嶋 元宏
谷嶋 元宏https://shuiku.jp/
1966年京都府生まれ。早稲田大学理工学部在学中よりカクテルや日本酒、モルトウイスキーに興味を持ち、バーや酒屋、蒸留所などを巡る。化粧品メーカー研究員、高校教員を経て、東京・神楽坂にバー「Fingal」を開店。2016年、日本の洋酒文化・バーライフの普及・啓蒙を推進する「酒育の会」を設立、現在に至る。JSA日本ソムリエ協会認定ソムリエ。