運営:酒育の会

LIQULはより良いお酒ライフをサポートする団体「酒育の会」のWEBメディアです

  • コラム
  • リカルライター紹介
コラム ウイスキーコラム スコットランド期待の3蒸溜...

スコットランド期待の3蒸溜所

現在スコットランドでは、蒸溜所の建設ラッシュだ。まだ計画進行中だが、期待が大きい3つの蒸溜所を紹介したい。

アードナホー蒸溜所 Ardnahoe

計画を進めているのは、グラスゴーに本拠を構えるハンターレイン社。同社はOMC(オールドモルトカスク)シリーズや、オールド&レアセレクションなどのシングルモルトを販売する、インディペンデントボトラーとしても知られる。

建設予定地は、アイラ島のカリラ蒸溜所とブナハーブン蒸溜所の中間あたりにあるアードナホー湖のほとりで、仕込み水は湖から引く予定だという。

ラーセイ蒸溜所 Raasay

ラーセイ島での蒸溜所創業を計画しているのは、エディンバラに本社をおくR&B・ディスティラーズ社。同社は、アレスデア・デイさんとビル・ドビーさんが昨年共同で立ち上げたウイスキーメーカーだ。アレスデアさんの曾祖父リチャード・デイ氏は、19世紀にスコティッシュ・ボーダーズ州のコールドストリームでウイスキーのブレンダーをしていたという。

当時リチャード・デイ氏のつくったブレンデッドウイスキーのひとつ、「ツイードデール」は、残されていた製法をもとにアレスデアさんがリメイクし、2010年よりストーンデール社から販売されている。

ホリールード・パーク蒸溜所 Holyrood Park

スコットランドの首都エディンバラでも、新蒸溜所の計画が進んでいる。その陣頭指揮をとるのが、デイヴィッド・ロバートソン氏だ。

ロバートソン氏は元マッカラン蒸溜所のマネージャーで、イージドリンクスウイスキー社の創業者でもあったひと。今日エディンバラは文化・芸術・学問の都として知られるが、かつてはウイスキー産業で栄えた町でもあった。1777年の記録には、「公認蒸溜所が8、密造蒸溜所が400」と記されている。

1877年に初めてのブレンデッドウイスキーをつくったアンドリュー・アッシャーも、エディンバラを本拠地としていた。しかし、現在エディンバラにはモルトウイスキーの蒸溜所は一つもなく、新しい蒸溜所が誕生すれば実に90年ぶりとなる。

この記事を書いた人

吉村宗之
吉村宗之https://ms-tasting.co.jp/
1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
吉村宗之
吉村宗之https://ms-tasting.co.jp/
1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。