運営:酒育の会

LIQULはより良いお酒ライフをサポートする団体「酒育の会」のWEBメディアです

  • コラム
  • リカルライター紹介
コラム ウイスキーコラム 吉村流 ウイスキー テイス...

吉村流 ウイスキー テイスティング11
「材木/金属」

今回は吉村流テイスティング法の香味表現、アロマの「材木/金属」を紹介しよう

材木と金属というマテリアルに特に共通点はないが、金属の表現例が少ないため同じカテゴリーでくくった。

「生木」と「材木」の違いは、若木を折ったときに香る青臭さを感じるかどうかだ。なお切り出したばかりの木を思わせる香りは、新鮮さはあるが青臭くはなく、このカテゴリーに含める。

材木は切り分けただけの角材を思い浮かべることもあれば、塗料の塗っていない家具や樽、あるいは製材所を想像することもある。また黒鉛のニュアンスがあれば、鉛筆が頭に浮かぶ。

金属は硬貨を思い浮かべることが多い。光沢のあるニッケル硬貨だったり、あるいは手に握られていた少し汗臭い銅貨だったりする。なお金属臭はウイスキーにはしばしば感じられるが、強すぎると不快に感じられるオフフレーバーのひとつだ。 次回はアロマの「皮/肉/出汁/旨み」の表現を紹介したい。

Aroma 木材/金属の香味表現

汗ばんだ手に握られていた銅貨枯れ草
使い込まれた白木の家具新しい白木の家具
枯れた木使い込んだ樽
新しい木材乾燥が不十分な木材
雨ざらしの樽
乾燥した樽雨に濡れた材木
木屑
濡れた藁雨に濡れた松ぼっくり
木の削りかすバーチバーク
雨の日のアンティークショップ伽羅
白檀雨の日のウェアハウス
切り出したばかりの材木風雪にさらされて、経年感を帯びたウェアハウス
雨の日の製材所草むらに放置された空き樽
古いウェアハウスアルミニウム
朽ちかけたバラック古い木材
アンティークの家具朽ちた木材
古い藁ウェアハウス
削りたての鉛筆古樽
ウッディ限界まで使い古された樽
古びた材木鉛筆の削りかす
香木ペンキが塗られた家具
オイルにまみれた樽コルク
磨かれたニッケル黄銅
シェリーの古樽ミズナラ
オーキー湿気を含んだオーク材
メタリックなニュアンスオーク
湿気を含んだ木屑木製の玩具
海岸近くの松林白木
よく乾燥した木材海岸に捨て置かれた樽
白木の家具ローズウッド
からっと晴れた日の材木工場製材工場
枯れ枝
割り箸

この記事を書いた人

吉村宗之
吉村宗之https://ms-tasting.co.jp/
1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
吉村宗之
吉村宗之https://ms-tasting.co.jp/
1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。