• コラム
  • リカルライター紹介
コラム その他コラム お酒のある風景

お酒のある風景

朝ドラ効果で「チキンラーメン」が売れているそうだ。飲み会でインスタントラーメンの話題になった。

「生卵用のくぼみ、神ですよね~」

「でもウチには蓋つきの丼、ありません」

「袋麺の方が、カスタマイズできて好きです」

「そうそう。独身男なら、鍋から直接食べるでしょ」

と盛り上がっているところに、ある女性が「わたし、鍋から食べますよ」と言うので場が一瞬、凍り付いた。

「え、鍋から? 女が鍋から?」

20台後半、IT業界を渡り歩くキャリア女性が、小池さんみたいに四畳半でラーメンを鍋からすする光景を想像した。

「あ、でも私の場合、鍋はティファールです。取っ手が取れるんです。取っ手を取れば立派な器です!」と主張する彼女に、同僚から絶妙なフォローが入った。

「彼女、食器を使わない主義なんです」

説明によると、残業帰りにコンビニで容器入りのサラダと小さな豆腐を買う。サラダの上に豆腐をどんと乗せ、ドレッシングをかける。割り箸でこれを食べつつ、ビールで疲れを癒すという。

「これだと食器が汚れないし、楽ちんじゃないですか。栄養も十分!」

私も独り暮らしだが、いや、独り暮らしだからこそ食べ方はきちんとしたい。必ずランチョンマットと箸置きを使い、できあいの総菜も皿に盛る。嫁入り前の娘がこんなんじゃあ心配だよ、おばさんは。

気を取り直して「で、ビールは?」と聞いたら彼女の目が輝いた。

「ビールは専用グラスに注ぎます! だって泡立ちが違いますから」

見せてくれた写真は、小さな冷蔵庫の扉を開けたカット。お気に入りのベルギービールの缶が、まるで広告のように隙間なく詰められていた。

人にこだわりあり。頑張れ、キャリア女子。

この記事を書いた人

檀稚希(だん・わかき)
檀稚希(だん・わかき)
1966年福岡県生まれ。東京在住。ライター。趣味は読書、山歩き、温泉、居酒屋。独り呑 みは得意なほうで、自称「日本手酌連盟」会長。ありあわせの材料で何か作って家で飲む のも好き。
檀稚希(だん・わかき)
檀稚希(だん・わかき)
1966年福岡県生まれ。東京在住。ライター。趣味は読書、山歩き、温泉、居酒屋。独り呑 みは得意なほうで、自称「日本手酌連盟」会長。ありあわせの材料で何か作って家で飲む のも好き。