• コラム
  • リカルライター紹介
コラム ウイスキーコラム 吉村流 ウイスキー テイス...

吉村流 ウイスキー テイスティング7
「ナッツ/乳製品(甘くない)」の香味表現

今回は吉村流テイスティング法の香味表現、アロマの「ナッツ」と「乳製品(甘くない)」を紹介しよう。

ナッツは一般的に木の実とも訳されるが、「木」の実ではなくても食用の種子全般をナッツと呼んで差し支えないだろう。

ウイスキーでよく感じるアロマはアーモンド、次いでカシューナッツやクルミ、ピーナッツ、マカデミアナッツ、ヘーゼルナッツ、松の実など。それにロースト感や塩っぽさ、甘みなどのニュアンスが加わることもある。

ナッツの風味は好ましい場合もあるが、そうでないこともある。硫黄の香りやフレーバーとセットになっていることも多い。ナッティとも表現できるが、サルファリーだと言い換えることができる場合も少なくない。

アマレットはアンズの種子を原料としたリキュールだが、ほろ苦いアーモンドのような香りが特徴的だ。

乳製品(甘くない)として分類したものは、チーズが多い。乳酸菌のニュアンスを感じる場合はヨーグルト、栄養価の低い牛乳を感じた場合はスキムミルクなどとも表現する。

次回はアロマの「潮/煙/土」の表現を紹介したい。

Aroma ナッツ の香味表現

アーモンドキャラメルマカデミアナッツ
甘くないピーナッツバターアマレット
殻ごと茹でた落花生ココナッツ
糖蜜がけのカシューナッツナッツ
ナッティヘーゼルナッツ
柔らかいカシューナッツノンソルテッドアーモンド
ピスタチオナッツ深煎りアーモンド
剥きたてのクルミローストしたてのアーモンド

Aroma 乳製品(甘くない) の香味表現

ウォッシュチーズカッテージチーズ
クリームチーズスキムミルク
チーズ豆乳
モッツァレラチーズヨーグルト

この記事を書いた人

吉村宗之
吉村宗之https://ms-tasting.co.jp/
1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。
吉村宗之
吉村宗之https://ms-tasting.co.jp/
1990年頃、スコッチウイスキーの魅力に開眼、次第に傾斜を深めていく。1998年、ウェブサイト「M's Bar」を開設、書き溜めていたシングルモルトのテイスティングノートを公開。2005年、ウイスキー専門誌「THE Whisky World」の発足メンバーに。現在は、試飲のできるリカーショップ「M's Tasting Room」の運営に携わり、ウイスキー関連のイベントでは講師やアドバイザーなども務める。著書に『うまいウイスキーの科学』(ソフトバンククリエイティブ)など。