運営:酒育の会

LIQULはより良いお酒ライフをサポートする団体「酒育の会」のWEBメディアです

  • お酒の基礎知識
  • リカルライター紹介
お酒の基礎知識 ウイスキー ウイスキーをもっと楽しもう...

ウイスキーをもっと楽しもう:ウイスキーってどんなお酒?

ウイスキーってどんなお酒?

ウイスキーは、一般的に、以下の3つの条件をクリアしたお酒のことをいいます。

①原料が穀物(大麦・小麦・ライ麦・トウモロコシなど)であること

②原料を糖化・発酵・蒸溜すること(蒸留酒であること)

③木製の樽にて熟成を行うこと

他のスピリッツとの比較

他のスピリッツとウイスキーは何が違うのか?代表的な要素を比較してみましょう。

ウォッカの場合

原料(穀物)○
発酵・蒸溜○
樽熟成× 

⇒ウイスキーではない

コニャックの場合

原料(ブドウ)×
発酵・蒸溜○
樽熟成○ 

⇒ウイスキーではない

バーボンの場合

原料(穀物)○
発酵・蒸溜○
樽熟成○

⇒ウイスキー

ウイスキーの楽しみ方

ウイスキーほど、その楽しみ方が多様な飲み物はありません。

そのままストレートはもちろん、ロックや水割り、ソーダ割りなど、そのほかカクテルでも楽しめます。

ロックは通常のロックグラスでのほかに、チューリップグラスで小さい氷を一つ入れるスタイルや、氷でウイスキーを冷やしてからストレートグラスに移すなど、その楽しみ方も様々です。

もちろんストレートでお飲みになるのもよいですが、その時の気分でいろいろと楽しんでみるのもおススメです。

ウイスキーの現状

ここ10年来、モルトウイスキーブームが続いています。その影響からか、原酒の需要が増え、供給が追い付かない状況です。

大手メーカーも巨大な新しい蒸溜所を建設したり、既存の蒸溜所を増築するなどして対応しています。

またスコッチのボトラーズなども樽の入手が困難になったため自ら蒸溜所を建設し、ディスティラーとして原酒の供給に乗り出すところも増えています。さらに新規の蒸溜所もクラフトブームに乗って、規模の大小様々に増えてきています。

このムーブメントは、スコットランドのみならず、アイルランドやアメリカなど世界中に広がっています。

日本も例外ではなく、日本酒蔵や地ビールメーカーなど様々な造り手がウイスキーを造り始めています。

ウイスキーは熟成に時間が必要なため、コストも大変かかるお酒です。また、製品になる頃に、ウイスキーを取り巻く状況が変わっている場合も考えられます。

なんにせよ、ブームに踊らされることなく、個性豊かで素晴らしいウイスキーが造られることを願っています。

次の記事
→ウイスキーはどこで作られているの?産地でどう違うの?

この記事を書いた人

谷嶋 元宏
谷嶋 元宏https://shuiku.jp/
1966年京都府生まれ。早稲田大学理工学部在学中よりカクテルや日本酒、モルトウイスキーに興味を持ち、バーや酒屋、蒸留所などを巡る。化粧品メーカー研究員、高校教員を経て、東京・神楽坂にバー「Fingal」を開店。2016年、日本の洋酒文化・バーライフの普及・啓蒙を推進する「酒育の会」を設立、現在に至る。JSA日本ソムリエ協会認定ソムリエ。
谷嶋 元宏
谷嶋 元宏https://shuiku.jp/
1966年京都府生まれ。早稲田大学理工学部在学中よりカクテルや日本酒、モルトウイスキーに興味を持ち、バーや酒屋、蒸留所などを巡る。化粧品メーカー研究員、高校教員を経て、東京・神楽坂にバー「Fingal」を開店。2016年、日本の洋酒文化・バーライフの普及・啓蒙を推進する「酒育の会」を設立、現在に至る。JSA日本ソムリエ協会認定ソムリエ。